少額からコツコツと~仮想通貨ブログ~

少額からコツコツと~仮想通貨ブログ~

少額での仮想通貨トレード記録

これから始める人はまず国内取引所に登録しよう

 

仮想通貨を買う場所

 

初歩の初歩の話です。

仮想通貨は銀行や証券会社では買えません。

仮想通貨専門の取引所か販売所で買うのです。

※ 取引所と販売所は仕組みが違いますが、ブログでは取引所の名称で統一します。

 

それも街中に店舗があるわけではなく、ネットでの取引のみとなります。

なぜなら「ビットコイン」や「~コイン」と名前がついていますが、実際の硬貨やメダルは存在しないからです。

 

データでしか存在しないので取引もネット上だけになります。

そして現時点で日本円で買えるのは国内の取引所だけです。

 

なのでまずは国内取引所の登録をしましょう!

 

国内取引所はどこを選ぶべき?

 

通貨で選ぶ

 

現在国内だけでも取引所は20社くらいあります。

ただ20社くらいあっても、日本円で買える通貨とトークン(仮想通貨から派生したもの)は20種類くらいしかありません。

 

coincheck(コインチェック)が停止している今、全ての種類を買おうと思ったらZAIF(ザイフ)、bitFlyerビットフライヤー)、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の3か所に登録するのが手っ取り早いです。

 

また少し変わっているのがkraken(クラーケン)という取引所で、ここはアメリカの取引所の子会社になります。

なので日本円では4種類しか買えませんが、ビットコインを買うことで日本円では買えない通貨とトレードすることができます。(全部で18種類)

 

※ 国内で唯一QASHを取り扱っているQUOINEXの登録はこちらから

 

取引量で選ぶ

 一日の取引量が多い=利用者が多いということなのでそれだけ信用されている証拠です。

 

取引量が少ないと、場合によっては自分が欲しい通貨を希望する価格と量で取引できない可能性もあります。

また最悪その取引所が閉鎖するリスクもあります。

 

そう考えると取引量はかなり重要なファクターになりますので、わかる範囲で取引量と世界ランキングを紹介します。

Cryptocurrency Market Capitalizations 2018年2月20日 24Hour Volume Rankings参照」

 

13位 ビットフライヤー $267,852,870

31位 ビットバンク          $51,004,791

52位 ザイフ        $13,558,665

81位 コインエクスチェンジ $4,559,247

 

 純国産ではビットフライヤーが断トツですね。

国内取引所でランキングに載っていたのはクラーケンを合わせて5つだけです。

あとは取引量が少ないからなのかはわかりませんが確認できていません。

 

番外編

 10位 クラーケン     $374,566,732

クラーケンの取引量は国内だけのものではないのでビットフライヤーよりも多くなっています。

日本では知名度が低いですが信用できる取引所といえるでしょう。

 

ちなみに世界一の取引量を誇るBinanceはなんと$2,102,137,988でまさに桁違いです。

 

セキュリティで選ぶ

 

セキュリティの強いところを選びたいところですが、はっきり言ってわかりません(^^;

インチェックもあんなことがあるまではセキュリティに問題があるなんて誰も思わなかったわけですから。

 

どこもうちは大丈夫です、セキュリティは万全ですと言っています。

 

近い将来DEXという分散型取引所が主流になるのを私は期待しています。

※ DEXタイプはセキュリティが非常に強固と言われています。もうすでにいくつか稼働していますが、セキュリティが強いうえに送金が早く手数料も安いという優れものです。(私がステラタームを使った時はそうでしたが、DEXは手数料が高くつくようです。)

 

他の要素で選ぶ

 手数料やFXができるかどうか、またレバレッジが何倍か、通貨ペアの種類、スマホアプリなど取引所ごとに特色がありますが、これらは慣れてきてからでいいでしょう。

 

 結論

初心者の人はとりあえず取引量のランキングに名前のある4つに登録するのが無難です。

ビットフライヤー・ビットバンク・ザイフ・コインエクスチェンジですね。

 

クラーケンも良さそうに感じますが、アメリカが本社のせいか日本円の入金が遅いという評判です。(私は使っていないので実際のところは不明です。)

どこも登録にデメリットはありませんので片っ端から登録するのもアリですね(笑)

管理が大変ですが(^^;

 

今後

これからもどんどん取引所が増えていくと思いますが、実はもうすでに超大物が控えています。

 SBIグループの「SBIバーチャル・カレンシーズ」です。

 

SBIグループという圧倒的な安心感から間違いなく国内NO.1になるでしょう。

手数料などのサービス面でも必ず業界1位を目指してくるでしょうから、仮想通貨の投資環境にはかなりの追い風になりそうです。

 

さらに世界一のBinanceが日本上陸という噂もあります。

これも実現したら楽しみですね!

 

Binanceの登録はこちらから